2016年3月 1日 (火)

光の道

Photo


福岡県の福津市にある宮地嶽神社の参道から見られる美しい景色。
年に2回、2月と10月に見られるそうです。

最近、航空会社のCMで使われて話題となっているとか。
嵐人気の効果で今年は大勢の方が訪れたそうです。

Photo_2

Photo_3

嵐の人気、経済効果は素晴らしい!

| | コメント (2)

2015年10月22日 (木)

嵐 6連覇

嵐が、オリコンの週刊情報誌「オリ★スタ」の「音楽ファン2万人が選ぶ 
 好きなアーティストランキング2015」で1位を獲得した。
 2010年から6年連続の首位で、自身が持つ連覇記録を更新しました。

 これは10代から40代に行なわれたものだが、嵐に好感を持つ世代は
 かなり幅が広いと思うので連覇記録更新に期待する。

 おめでとう〜嵐! 
 

| | コメント (0)

2015年6月30日 (火)

もう、半年

2015年も今日で半年が過ぎました。

デビューから16年目となった嵐。
今年の上半期最多6冠を達成したそうです。
Photo_5

嬉しいニュースでした。

昨年のARASHI BLAST in HawaiiのDVD とても良かった!
Photo
美しい夕焼けをバックに歌い踊る嵐、デビューの地に戻った喜びが伝わってきました。

そして今月はこんなことも。
日本航空は、2020年に開催されるオリンピック、パラリンピック競技大会の
応援企画第一弾として、嵐のリーダー大野智さんがデザインした特別塗装を施した
ボーイング777ー300型機「JAL FLY TO2020」特別塗装機を就航させた。
Jal_2

9月にはBLAST in MIYAGIも開催される。
何時も元気をくれる嵐が今後ますます活躍してくれることを楽しみにしている。
Jal_3


| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

嵐色の東京タワー

今朝も明け方の余震で起こされた。

散歩に出ると綺麗な青空、公園ではシジュウカラのさえずりが聴こえて、
今朝の事が嘘のように思えた。

日没には東京タワーが5色に彩られた。

Photo_4
本日限定で嵐カラーの青、赤、緑、黄色、紫に輝く東京タワー。

不安な毎日に嵐の歌や活動は、私に元気をくれるもののひとつ。

スカイツリーも良いけれど、やはり私の世代は東京タワーの方が東京の象徴に思われる。

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

にっぽんの嵐 ふるさと

大晦日、元旦と「嵐」三昧だった年末年始。

異例の2年連続で、NHK紅白歌合戦の白組司会をした嵐。

紅白の出場歌手の選考には疑問もあるが、今回の嵐の2年連続には拍手!

今までは見なかった紅白にも興味が持てるというものだ。

番組の中で歌われた曲「ふるさと」は CDにはなっていない楽曲で、

東日本大震災で津波に襲われた福島県の中学校のピアノを瓦礫の中から掘り起こして、

修復されたピアノで、桜井翔くんの伴奏で嵐が歌った。

http://www.youtube.com/watch?v=vGRIajL887A&feature=related

その詩とメロディに、胸が熱くなった。

いつか、CD化されることを期待している。

今年も嵐の活躍を楽しみにしている。


| | コメント (0)

2011年1月27日 (木)

嵐がきた〜

昨日発売のDVD「“Scene"~君と僕の見ている風景~」が昨晩届いた。
嵐のツァーDVDはなかなか見応えがあって面白くて楽しめる。今回も期待どうり!
昨年発売されたアルバム「僕の見ている風景」に入っている楽曲も好きな曲が何曲かあり
中でも「ギフト」は詩がとても好い、「モンスター」は振り付けが好き。
11年前にデビューした時にはこんなに魅力のあるグループになるとは夢にも思わなかった。
なにしろジャニーズだし・・・ましてCDや DVDを買うなど、信じられなかった。
嵐というグループはとてもバランスが良い。
ステージ上の彼らを見ていてもメンバーがそれぞれ「嵐」を大切にしている様に感じるし、
なにげない仕草に仲のよさを思わせる、それも魅力のひとつなのだろう。
全員ピアスをしていないこと、ちゃんとした発音の日本語で歌うことも、私にとっては好感度アップ。
横文字のネーミングの多い中、日本語のグループ名のいい。
5人の歌唱力、声の質、トーク、などもバランスがとれていてるのが嵐。
ここ数年、嵐には楽しませてもらっている。
この先、もっと大人になっていく嵐に期待している。

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土)

Love Shuffle 最終回

20日に最終回となったドラマ「ラブ シャッフル」。

ほぼ予想どおりのカップルの誕生であった、唯ひとつ意外な展開は、

啓が玲子の勧めで代議士を目指す道へ向かったこと。

初まりは非現実的なテーマなだけに、やや疑問を持ちつつ観ていたが、

回を重ねる毎に違和感が薄れていった。

しかし、啓という役どころは、最後まで魅力を感じられなく、

玉木さんは上手く演じてはいたが、総体的には軽い感じの今時のドラマという印象残だった。

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

Love Shuffle

1月16日から始まった金曜10時のドラマ。

8人の男女が恋人交換『ラブ シャッフル』をするという、非現実的なテーマのドラマ。

玉木さん演ずる宇佐美 啓ことうさタンは正義感は強いけれど、

男としてはやや情けなくって、あまり頼りにならないサラリーマン。

この役柄にもちょっぴり不満足だったし、

玉木さん主演とはいえ、正直あまり期待できなかった。

でも、回が進む毎になかなか面白くなってきた。

主題歌アース・ウインド&ファイアーの「FANTASY」もいい。


いよいよ来週は最終回、いったいどんな結末になるのか楽しみ。

うさタンは元さやの芽衣と結ばれるのか?それともアイアイに傾く自分の心の変化を素直に受け止めるのか?

オーちゃんと海里の恋の行方は?

最終回が待ちどうしくなってきた。

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

『何様、俺様、千秋さま』のだめカンタービレ!

人生初の犬のいない生活を送るようになって、生活が少し変わって来た。

ミルキィがいた頃は毎日5kmくらいは一緒に歩いていた。

ルナだけになってもルナは小型でもよく歩く子だったので結構歩いていたのだ。

犬とのお散歩ならかなりの距離でも楽しく歩けたのだけれど、

それがなくなるとライフワークの中にお散歩という項目は無くなってしまって、

歩く機会も距離も減っている。

だが、このまま歩く距離が減る事はメタボまっしぐら

そこで自転車を使っていた近所の買い物や用足しは歩く事にした。

ただ歩くのは味気ないので、iPodと歩く事にしている。

好きな音楽をにいれてその世界に没頭しつていると、

雑踏の中でも雑音から切り離された自分の世界にいられる。

耳にはあまり宜しくないので、もちろん音量はとても控えめにして、

外の音も聞こえてはいるけれど、好きな音がクッションになってくれるのでなかなか良い。

そして映画も今まで以上に観るようになった。

まぁ殆どDVDか、CS放送だけれども、今までは観なかったジャンルや邦画やドラマも、

新鮮でけっこう楽しい。

食わず嫌いだったのかも知れない。

日本にも良い映画、良い俳優がいるのだなと新鮮な驚きも感じる。

アニメの映画化やドラマ化も数が多い、

最近はまっているのが、「のだめカンタービレ」。


世の中の流行りには随分と遅れているが、

私は今頃「のだめカンタービレ」に夢中になっているのです。

「何様、俺様、千秋様」なかなか宜しゅうございます!

放送されたのは2006年の10月から12月だったのだが、

その時は漫画のドラマ化だし、それもかなりコメディなので敬遠していた。

今年のお正月にヨーロッパ遍のスペシャルが2日間放映された。

これも見逃したのだが、秋に再放送され初めて観た。

意外にもかなり面白い、視聴率が高かったわけだと思った。

原作は読んでいないが、かなり原作に忠実につくられていたらしい。

主役は「のだめ」こと野田恵という音大生で上野樹里さんが演じている。

樹里さんは「ラストフレンズ」でファンになったが、この「のだめ」ちゃんも好い。

すご〜く、可愛い!

そして、のだめちゃんの憧れの先輩、「千秋真一」を玉木宏さんが演じている。

有名ピアニストを父に持つ天才ピアニストで指揮者志望の音大生。

かなりの俺様モードの言動が普通なら鼻持ちならないはずなのだが、

のだめと出会う事で自分でも気づかないうちに少しづつ変わっていく。


全編にポピュラーなクラシックの曲が使われているのも魅力のひとつ。

でも、何といっても『千秋さま』。

『何様、俺様、玉木さま』なのだ。

ピアノを弾く表情、タクトを振る動き、「千秋さま」光っています。

そして、来年には2作連続での映画化が決まった。

また、のだめと千秋が帰ってくる、今からとても楽しみだ。

玉木さんは空を眺めたり、撮るのが好きらしい、私も空を見るのは大好き!

特に夕焼けの空は美しく心引かれる。

113

とても美しかった昨日の夕焼け。


そして今日は玉木宏さんのお誕生日。

お誕生日おめでとうございます。


| | コメント (2)