« 電力使用制限令 | トップページ | 今日も鳴るのかなぁ〜 »

2011年7月 5日 (火)

我慢していたけれど・・・

震災後、諸事が以前の日常とは変わった。

被災地は勿論のこと、日本全体に影響が及んでいる。

国を動かす人達はくだらぬ諍いばかりで、未だ原発についても見通しが見えてこない。

そして、震災の復興大臣が決まったと思ったら、こんな政治家だった。
以下はニュース記事より

 今、後から(村井氏が)入ってきたけど、お客さんが入ってくる時は、自分が入ってからお客さん呼べ。いいか。長幼の序がわかっている自衛隊ならそんなことやるぞ。分かった? しっかりやれよ。最後の言葉はオフレコです、いいですか、みなさん。書いたらその社は終わりですからね。

 「九州の人間だから、東北が、何市がどこの県とか分からない」との岩手県庁での発言については、「全部知ってます。九州から見れば東北は広いなという思いがあって」と弁明。さらに「ちょっとB型で短絡的なところがあって、私の本意が伝わらない」と自身の血液型に触れて釈明する場面もあった。

 その後、ビル屋上で会見した理由について問われると、「外が好き」と冗談めかして答え、トレードマークになったサングラスに関する質問には、「(この間は)目が痛かった。きょうは忘れた」と話した。

大臣になって早くも先日、自分の発言について陳謝したばかりの復興大臣。

今回も翌日に弁明。

九州人だからとか、B型だからとか、子供の様な言い訳をしている。
九州人もB型の人も一緒されたら目も当てられない、いい迷惑だ。
言葉遣いも知らない人が大臣になり、

「俺九州の人間だから、東北が何市がどこの県とか分からんのよ。」と、
平然と言う人、
知らなければ、勉強すれば良い。
思いやりも品性も無い上から目線の発言。

本当に同じ日本人として恥ずかしいやら、情けないやら、日本の政治家はここまできてしまったのか。
これでは、先が不安で明るい未来も望めない。
この大臣を任命したのはどなたでしょうか?
もちろん現在の日本の長たるあの人です。


我慢して来たけれど、もう限界。言わせて欲しい。
この国はどうなってしまうのだろうか。

|

« 電力使用制限令 | トップページ | 今日も鳴るのかなぁ〜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。