« サプライズ! | トップページ | お別れ »

2011年3月14日 (月)

まるで悪夢

被災地の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


いつか、大震災があると頭の隅にはあったけれど・・・まさかこれほどの巨大地震に襲われるとは思っていませんでした。
地震の怖さそしてそれを上回る津波の恐ろしさに震え戦いています。
数分前までそこにあったもの全てが一瞬にして壊され無くなってしまう、それは悪夢を見ている様。
更に原発の事故の恐怖、想定外といわれても納得はできない。
東京は大きな被害は無かったけれど、それでも計画停電が始まるだろうし、
スーパーマーケットからはお米、水、レトルトものなどなど、あっと言う間に品物が無くなり、
日常の生活とは違ってしまった。
計画停電はぎりぎりまでエリアや時間が発表されないし、東電のHPはパンク状態で繋がらず、
カスタマーセンターも回線が込み合っていますと繰り返すだけ。
電気が供給されないと、鉄道も泊まり、店も閉まってしまうし、家庭の中でも大きな支障をきたす。
それは、通常のかたちではない。
この様な大きな規模の地震が起こると余震の規模も大きく、プレートの端で次の地震が起きるらしい。
すると、次の震源地は房総沖とか・・・
本当に恐ろしいことばかりだ。

今、またやや大きな余震がありました。

この悪夢はいつ終わるのか。

|

« サプライズ! | トップページ | お別れ »

コメント

気の休まるときがありませんね。ずっと肩に力が入りっぱなしです。
アガサも余震のたびに慌ててアイコンタクトしてきます。あたしがいない間はどうしてるのかと思うと可哀想で・・・・。
早く平穏な日に戻れますように。

投稿: び~だま。 | 2011年3月15日 (火) 23時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« サプライズ! | トップページ | お別れ »