« 『象の背中』 | トップページ | 男の子 »

2008年3月28日 (金)

弥生、桜月。

さくらの季節は毎年ミルキィの命日。

今年も満開まじかの桜並木をくぐり抜けながらお寺へ向かった。

08

暖かな陽射しが桜の花に微笑んでいる様に穏やかさ。

お寺の境内のさくらも見事に咲いている。

08_2

08_3

天気の変わりやすいこの時期に咲く桜は、花の命の短さを感ぜずにはいられない。
今日も日中は晴天だったのに夕方には雨が降り始め他。

ミルキィが旅立った日もやはり雨だった。
神様が清めてくださっている、そう想うことにしている。

弥生とは、陰暦で三月のこと、今は新暦の三月をさす。

三月、三という数字私にとってとても縁のある数字であり、
読み方は「やよい」ではなく「みう」だが、弥生はこのブログのタイトルにもなっている。

三月は別名、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)とも呼ばれる。

桜月に旅立ったミルキィを想い、この先いつまでも桜の季節は想い出深い季節になった。


嬉しいことに、今年もお友達からの温かな心遣いが届いて、
ミルキィの位牌のまわりを美しい花々が飾ってくれた。

083281

ミルキィ、お花とっても綺麗でしょ?嬉しいね。

桜の季節には、ミルの大好きな公園で、お友達とお花見をしながら楽しく過ごしましたね。
楽しかったね!とっても。

きっと、今年もお空から桜を見ていることでしょうね。

|

« 『象の背中』 | トップページ | 男の子 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。