« 日本アカデミー賞 | トップページ | Happy Birthday »

2008年2月18日 (月)

北風の中で

東京のこの冬の寒さは22年ぶりらしい、22年前はルナは誕生していなかった。

チワワはもともと寒さには強くないし、老犬になってのこの寒さは辛いことだろう。
冷たい風は喉によくないので、ここ数日お散歩に行っていない。

行ったとしても極々近所だけ、まだ公園までは今は無理だ。
この日は公園方面に用事があり、何時もならばルナも連れて行くけれど、
この日は見合わせ私だけで行くことにした。

以前は公園の一角に馬場があり、毎日ミルキィとのお散歩でポニーたちに挨拶できた。
数年まえに公園が拡張され、馬場は通りを隔てた新しい場所に移転した。
移転先の公園は、何故か犬は入れなくなってしまったので、犬とのお散歩する者にとっては、
とてもつまらない場所になってしまった。

犬連れでないこの日は馬たちに会う良いチャンス、風が冷たかったが寄ってみた。
ちょうど馬場に放されていた。

Jpg

マローネ、ステラ、ココア、チーズ、サマンサ、そして新参のシンバ。

皆おやつに貰った干し草をはんでいた。

時折、ココアがシンバを牽制する。
新しいメンバーが気になって仕方ないようだ。

Jpg_2

そんな様子をただ眺めているだけで、顔が綻んでリラックスした気分になっていた。
ステラの皮毛は冬毛になっていて暖かそうで優しい手触りだった。

Photo

北風の中での暖かい時をありがとう!

|

« 日本アカデミー賞 | トップページ | Happy Birthday »

コメント

都会の公園とは思えない趣がありますよね(写真だと特に)
ジュラもポニーさんたちの事が大好きでお散歩の時は必ずフェンス越しに立ちあがってご挨拶です。こんな風景見るとますます春が待ち遠しいです

投稿: じゅらりえーぬ | 2008年2月19日 (火) 18時16分

じゅらりえーぬさん
都会の中でこんな場所は本当に貴重ですね。
馬たちにはもっと広い馬場が理想的でしょうが、私たちにとっては町にいながらにして
ポニーと触れあえるのは嬉しいことです

投稿: Miu | 2008年2月19日 (火) 23時51分

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本アカデミー賞 | トップページ | Happy Birthday »