« お参り | トップページ | 犬種は? »

2007年9月25日 (火)

十五夜

新月から数えて15日目の夜、旧暦15日の夜。
とくに旧暦8月の十五夜は「中秋の名月」と言って、月を愛でる。

満月のように丸い月見団子と魔除けの力があるとされたススキを伴えるのが一般的とされている。

新暦では1ヵ月程度のズレが生じるため、9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を十五夜、
『中秋の名月』と呼んでいる。

十五夜は満月とされているが、実際は多少のずれがあるようで、今年は明後日が満月だ。

今日は天候に恵まれたので、月が綺麗に見える。

070925_1

日中は気温が上がり暑かったが、夕方には爽やかな風が吹いてきてお月見日和になった。


昔から自然界の生物に、多大な影響を与えていると言われてきた月。
生物だけではなく潮の満ち引きも深く関わっている。

自然界からの贈りものである石(貴石、半貴石)の浄化のひとつにも月光浴があるのだから、
私たちにとっても夜空の彼方の月を見上げその光を受けるのはとても良い事だと思う。

070925_

今宵はゆったりと月の光を浴び、リフレッシュすることにしよう。


|

« お参り | トップページ | 犬種は? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。