« LOST | トップページ | お初に »

2006年9月13日 (水)

Milky~5

さあ、いよいよ我が家での生活が始まる。

まず最初にトイレの躾をしなければならない。
それからカラーにも慣れることも必要だ。
トイレは始めは室内のペットシ−ツを使う。
子犬のうちは起きたら出す、食べたら出す、遊んで出す、
これが仕事なので、分かり易い。
観ていると、もよおしてるのがわかるのでシーツに
連れて行く。
出来たら空かさずに褒める。この繰り返しで覚えてくる。
息子たちの時以来の子育てだ、真剣に取り組まなくてはと決意を
新たにし、夏休みの旅行も返上することにして子育てに専念した。
何故なら私の目標は ミルキィと何所へでも一緒にいきたい!
だったから。

生後2ヶ月になると体重は7.5㎏になって、日に日に大きくなるのを感じる。
あどけなくて可愛くて見ているだけで楽しくて飽きない。
一日三回のご飯と、下の世話その合間に遊んでいると、一日がアッという間に
過ぎてしまう。


Milkypast_7394_1










トイレの場所は間もなく覚え、失敗しなくなったので、そろそろ次の段階に進もうと考えた。
自発的に尿意を私に伝える事だ。
そこで私は『臍のお方式』を取り入れた。
『臍のお方式』とは、私のウエストから延びたリードの先にミルキィがいる形だ。
ウエストにしたベルトに、リードの持ち手の輪の部分を通しておく。
私が歩けばリードの先にいるミルキィも一緒について来る事になる。
つまりお腹の外側での『臍のお』状態になる。
何時もリードの長さ分の所にミルキィがいるので、自由はあるが勝手には
どこかに行けないので、用事をしつつ目の縁でミルキィを見ていれば、
トイレの時も大丈夫。
更にいつも自然に私と動くことで、側にいること、従う事も理解する。
私は『臍のお方式」はとても良い方法だと気に入っている。

|

« LOST | トップページ | お初に »

コメント

なるほど、臍のう方式ですか!常に一緒に居ながら色んな事を教えられるのですね。
素晴らしいです!
うちは泣く泣く訓練所に預けました・・・
犬と暮らし慣れておらず、しっかりとした躾をする自信がなかったのです。
キチンと教えてもらい帰ってきましたが、成長過程の楽しみな時期に離れて暮らしたこと、またMiuさんの様に全て家族によって教えてあげられなかった事を、今となっては残念に思います…。
この写真のミルキィちゃん、幼い頃のベーによく似ています^^無邪気で癒されますよね♪♪

投稿: たぬたん。 | 2006年9月14日 (木) 23時18分

たぬたんさん
はい、『臍のお方式』はお勧めです。
訓練所は何ヶ月からですか?
あの頃は怪しい訓練士事件が問題になっていて……
心配だったし獣医さんからも可愛い時期に預ける事はないと言われて。
今後のMilky~で書きますが悪戦苦闘しました。笑

やはり親戚ですね!

投稿: Miu | 2006年9月15日 (金) 00時06分

今日は、実家からの書き込みです^^
訓練所へは、7ヶ月目から3ヶ月間預けました。
京洛奈良警察犬訓練所で、一級訓練士の方に教えて頂きました。
HPでよ~く調べたんです♪
ベ~は覚えが良かったらしいですよ^^*

投稿: たぬたん。 | 2006年9月17日 (日) 14時51分

連休でご実家に帰られたのですか?
せっかくの休日なのに台風の影響で…こちらも先ほどから雨が降り始めました。
3ヶ月は長く思われたことでしょうね。
そうでしょう(*^-^)ニコ 凄〜くお利口さんだったと思いますよ!
きっと皆にいつも褒められていたのだと、想像されます。
大切にされているわんちゃんは穏やかで、優しくて、笑顔が素敵。べるくんの顔が見える様な気がします。昨日たぬたんさんの日記にお邪魔しようかなと思ったのですが何だか、年齢差を感じて書き込めず、読み逃げになってしまいました。<(_ _)>

投稿: Miu | 2006年9月17日 (日) 15時50分

この記事へのコメントは終了しました。

« LOST | トップページ | お初に »