« こんな日は… | トップページ | 沁みる音 »

2006年8月18日 (金)

Milky~2

【大型犬と暮らしたい】

私の予てからの望みであった。
物心ついた時には、私の回りには常に2~3頭の犬たちがいて、それが当たり前だった。
そんな環境で成長してきた私は、動物(特に犬)が大好きだった。

我が家の歴代の犬たちは、特に珍しくも立派な血統の犬でもなく、
ごく普通の中型犬と、小型犬で、私とは一緒に育った兄弟のような存在であったと思う。
スピッツ、ミックス、フォクステリア、アメリカンコッカー、ポメラニアン。
大人になってからは、ミニュチュアプードル、スムースチワワ2代、ミックス。

何時頃からかはっきりとした記憶は無いけれど、大型犬と暮らしたいと
思い始めていた。
だが子育て中は、時間的にも、体力的にも、金銭的にもそんな余裕はなかった。
この頃も小型犬はいたが、同じ犬でも、大型犬と、小型犬ではいろいろな面で大きな違いがある。
しかも、子供達はアレルギー体質で、幼児期には喘息の発作を起こす事が度々あり、
その頃家にいた犬も、手放すようにと、医者から勧められた程であった。
もちろん家族となった犬を手放せるはずもなく、可愛そうではあったが、
極力子供との接触を避け、距離をおいて暮らした。
そうこうしているうちに、子供達も大きくなり少しずつではあるが、
アレルギー症状を起こす頻度も減ってきてはいたが、成人して別所帯になるまでは、
大型犬と暮らすのは無理だと思いかけていた。

けれどその思いは、眠っていても、死んではいなかった。何時か叶うと信じていたのである。

そんなある日、長男が私に、こう言うのだった。
『○○くんの家に、ゴールデン レトリーバーがいるんだけどね、
一緒にいて撫でても喘息症状が起きないみたい』
『だから、ゴールデンなら家に来ても大丈夫だと思うよ』
その言葉は私にとって、まちに待った天の声のようだった。

『えぇーっ そうなの?  本当に大丈夫なの?』
まさに息子のこの一言から、私の念願だった【大型犬と暮らす】の、
一歩を踏み出したのであった。

|

« こんな日は… | トップページ | 沁みる音 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。