« 闘い! | トップページ | お友達〜4 »

2006年8月 7日 (月)

Milky~1

1994年の春の事。
念願だったイングリッシュ ゴールデン レトリーバーを迎えることになり、あるブリーダーさんに連絡をした。
そこには以前から心引かれていたサンスーゴールデンルーラーの孫娘がいたのだ 。
その母犬はコールネーム フローラ、父犬はボルドー。2頭の間に10頭が誕生していた。
それも生後間もないとのこと、早速翌日会いに行った。
10頭のうち6頭は父方の(ノートンウッド犬舎)ゴールデン色、4頭はクリーム色だった。
家の犬たちは代々♀で、今回もそう望んでいたので、4頭のクリーム色の中の唯一の♀を、躊躇することなくを選んだ。
それから毎週末には必ず家族と共に会いに行き、迎える日を首を長くして待った。

いよいよ迎えに行く日、七夕の日が来た。
片道2時間弱の道のりがとても永く感じたものだ。
帰りには親元から離れて寂しくないようにとブリーダーさんから頂いたタオルに包まり、
私の膝の上ですやすやと眠りながら我が家に到着したのだ。

彼女を迎えるまでの間、家族皆であれやこれやと20以上も名前がリストアップされたが、
七夕と、白に近いクリーム色のコートだったことから、Milky Way...... MIlkyと名ずけた。

|

« 闘い! | トップページ | お友達〜4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。